↑ここには新Keyが最近注目しているおんなのこが気まぐれでFocusされます


by shinkey2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィールAnd the rest…

●リンク
明日のへいぽー日記
nakka +plus
真田退廃記
Key Official Homepage

↑だーまえ復活(∵)

↑食い逃げ!ヾ(゚∀゚ )ノ
↑777カウントm9(・∀・)
↑パワプロ通信へのリンク

●プロフィール
東京生まれ東京育ち。
中高一貫の私立男子校を卒業後、都内のとある自由な大学の経済学科に進学。
現在社会人一年目。
大学一年の秋にKanonと出会ったことが俺の人生を大きく変えた。
サッカーより野球好き。
ジャイアンツ愛!

●耳コピ・自作midi
ヘタレですがどうぞ。
【耳コピ】
あなたの横顔(To Heart)
夏影(AIR)
朝影(Kanon)
夏の終わりに…(水夏)
夕影(ONE2)
Gentle Jena(planetarian)
瑠璃子(雫)
時を刻む唄(CLANNAD・AS)
early childfood(ef-a fairy tale of the two)

【オリジナル】

●最近の検索ワード
ナチュラルハイ
咽喉頭異物感症
浜口雄幸
PDCA
イナバウアー
こっちみんな
ビビンバ
GABA
バイアス
ニートの日
姉は一級建築士
粉雪



検索

カテゴリ

全体
日々の遑に
大学生活
観鈴ちんといっしょ
就職活動
インターン
社会人生活
未分類

タグ

(8)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

お気に入りブログ

真田退廃記

以前の記事

2014年 08月
2012年 08月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

<   2006年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

旅立ちの章

今からぶっ続けで3日分の日記を書いてみたいと思います。
なお、お土産に買ってきた赤ワインを嗜んでおり、かなり思考が飛んでいます。
読み苦しい点、予めお詫びいたします。


■旅立ち
7月29日(土)
旅にはトラブルは付き物ですが、のっけからやってくれました。
8人乗りという設定だった友達の車がどう頑張っても7人しか乗れないだろう、ということが当日の朝9時頃に判明したもより。
赤羽にいた漏れは「とりあえず新宿でバス探してみるよ」と友人に打診。
「それでダメだったら…」(この時期は込むので)と送ろうとした矢先、一部ゼミ員全体に行き渡るメーリスで、「○○君がバスで行ってくれることになりました云々~」

おい、その仕打ちはないだろ…orz


■旅は道連れ
混雑の極みを呈していた心中区のバスターミナルだったが、なんとか10:10発山中湖行きのバスにありつく。
親子連れ、漏れと同じような学生、中高年、とび職っぽい格好をしたあんちゃん、中国系家族、アングロサクソン系の中年男性に中南米系女性数名の一行…。
バス内は様々な人々でごった返していた。

夏休み中の土曜日ということもあり、道路は混雑し八王子手前あたりでは牛歩状態。
漏れの前に座っていたアングロサクソン系一行もだいぶ萎えていたが、富士急ハイランドが左手に見えてくると急に活気付き、中国系家族がそこで途中下車する際には、「Enjoy your time!」とか言って楽しげに見送っていた。

結局彼らも河口湖駅前で下車し、バス内が静寂さを取り戻す頃には外の天気も目で見て明らかに悪化しており、まもなくして雨粒が舞いだした。
スケジュール上、13時到着が必須で、時間的に明らかに間に合わないことがわかってくると、さすがに不安と言うか焦燥感に苛まれてくる。
河口湖って山中湖より先じゃなかったっけ?とかルートにも疑心暗鬼になっていた、あの時は。
(今考えれば中央道から来たんだからいいんだよね、あれで)


■合宿っぽいこと
まあそんな心情もセミナーハウスに到着すると杞憂に終わる。
一部三・四年生を中心に集合が遅れており、例の友人の車も漏れから遅れて約30分後に霧掛かった林の合間から姿を現したのだった。
で、なし崩し的に集まった人から順にゼミの席に着く形に。
二部の人達と一緒にやるなんて聞いてなかったっすよ、先生。

18:00夕飯。
20:00~飲み会。
雨が降っていたので花火はなし。
風呂に入るタイミングを考えたが、乾杯前が良いと思い19時中に入浴。
どう考えてもぬるい、ぬるすぎるお湯に漏れの倍くらいの時間浸かっている友人もいた。
お湯入れられるんだから調整しようよ(;´Д`)

飲み会はあの狭い部屋に(行ったことある人ならわかると思うが)一時期は26名が入り乱れかなりの熱気を放っていた。
机を四つ並べていっているうちに上座に座っていたはずの先生が庭先の、畳より一段低いところに追いやられていた。
カワイソス(´・ω・`)。

その後はまだ面識のない三年生にと話したり武田鉄也ゲーム(?)とかやったりしてた。
ただ、韓国の「鏡月」という焼酎を勢いよく飲み始めた頃から何がなんだかわからなくなり、一緒にいた友人と離脱。
とりあえずトイレ。
しかしそこでボクらは未だかつてない人外魔境を垣間見てしまったのだ。

※以降、食事中の方はお控えください。


■僕等ノ禁忌
便器から流し台まで一面黄金色の絨毯。
視覚・嗅覚に強く訴えかけてくるそれは漏れらの酔いを一発で醒ますことなど造作もなかった。
踏まないように見ないようにそのバリケードを越えて用を足す漏れら。
下にぶちまけるのだけは勘弁してください(´・ω・`)
結局次の日の朝には掃除されていたが、あの時の映像と臭いが蘇ってくることは誰にとっても同じようで、その後二日間、僕らのゼミの間では禁忌の領域とされたのだった。


と、ここで力尽きる漏れ。
明日は30日の出来事をもっと掻い摘んで、ピックアップして、端折って、流しで、
書きた…い。

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ オエー ゲロゲロー
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-31 22:31 | 大学生活

さつきかわいいよさつき

■今日のジャイアンツ
なんか中日が早くも独走態勢なのですが。
貯金20ってあんた…。
川上、朝倉、佐藤充の三枚が強力過ぎる。
一枚分けてください(;´Д`)人


■隣ノ屠吐露
やべぇ、さつきかわいいよ(;´Д`)ハァハァ
小学生だわなぁ。
よくあんな崖っぷちに立てるな。


■身近な怪奇
昼間っからちんしゅしてたらフィニッシュの時にやたら水っぽいのが飛び出して半径20cmくらいの領域に飛び散る飛び散る('A`)
しかも量が凄まじくてビビることこの上ない。

どうみてもカルピスです。
本当にありがとうございました。

…病気かな(´・ω・`)


■小ネタ
はしのえみとほしのあきがこんがらがる。

あるある探検隊!あるある探検隊!


■お知らせ
明日から合宿のため、土日は更新できません。
あしからず。
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-28 21:42 | 日々の遑に

試験終了

■今日のジャイアンツ
昨日連敗を止めた巨人は今夜もいい流れ。
たった今、高橋由の2ラン、アリアス・阿部の長打で同点に追いついたところです。
勝て!
勝つんだ!G!


■試験
今日で試験終わりました。
テストって思ってたよりたいしたこと無いことが経験的に多かったのだが、今回もまあそんな感じでした。
ただ、成績は落ちそうな気がするなぁ。


■合宿
土曜から合宿です。
山中湖は行ってきます。
友人が新宿から車を出してくれて、それにみんなで乗っかって行きます。
その友人、所沢在住なのだが…
すごいサービス精神だ。


なんか日記を通り越して単なる状況報告になりつつあるこのスレ。
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-27 20:46 | 大学生活

有りあわせ日記

今日も試験、明日もダブルヘッダーで忙しくて、2ちゃんもパワプロもやってない新keyです。
日記も特に書くことないのでサクッと曲うpして退散したいと思いまふ。

More
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-26 21:48 | 大学生活

変わらない強さ

■今日のジャイアンツ
後半戦に入っても全く変わっていません。
打線は貧弱、投手も2アウトから失点を許すケース等、歯車の合わない流れを引き摺ったままゲームセット。
8回裏、李の2塁を陥れる闘志溢れる走塁を見て奮い立たなかったのか、Gベンチよ。
今日の解説面白かったな。
星野氏とピーコ氏。
この二人定番になりそうだな。

江川・掛布
水野・池谷
ピーコ・星野(or堀内)
野村・○○(江川or池谷orピーコ)

ローテーションが出来つつある!?


■スケジュール
昨日夏休みの話をしたのだが、ウチの大学は今週一杯は試験期間である。
ぬるいくせにダラダラと引っ張るのは非効率だと思うがどうだろうか。
さておき、その後、土曜~月曜にかけてゼミ合宿で、実質8月一臂から漏れのおそらく人生最大最後の夏休みが始まる訳です。(いや、そうであって欲しい。色んな意味で)
その時期になったらまたゲームしたり飲みに行ったりしましょ、はい。

で、8月8日は宇都宮に出張です。
…いや、嘘です。
システム開発所見学です。
内定者は全員行くフラグが立ってるとのことなので、なし崩し的に配属が決まってしまった訳ではない。

そして、11~13日にかけては夏の祭典が待っています。
バイトを休んでまで行くような猛者ではないのであれだが、なるべくフル出場したい。

コミケなんて絶対行かない。行ったら何かが終わってしまう。
そんな風に考えてた時期が私にもありました。
人は変わってしまうんですね。
過去のしがらみも何のその。
意志の強さが道を拓く。
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-25 22:27 | 日々の遑に

夏休み

■夏休みの力
世間では夏休みに入って最初の週末を迎えることになった先週末、我がコンビニでは冷やし中華が大量に売れ残り、赤羽の駅では迷子の子供が泣き喚き、今日までの4日間で2ちゃんのサクセススレは6スレッド分進み、当ブログでは70名弱の訪問者がありました。
恐るべし、夏休みパワー…。


■オールスター
昨日のオールスター第二戦では日ハムの森本が大活躍。
新庄に代わって新お祭り男襲名でしょうか。
第一戦とは異なり打ち合いの様相を呈しましたが、セは藤川→クルーンのリレーが健在で、結局彼らの力でリードを守りきる形に。
藤川VS清原や、クルーンの160K等、見所も尽きませんでした。
MVPは藤本。
代打で出てきて2点タイムリー。
ちょwおまwおいしすぎるw

藤川から滴り落ちる汗を飲みたい(;´Д`)ハァハァ


■シミュレーションゲームとしてのパワプロ
「アレンジでオールスターチームを再現して戦わせてみるでやんす!」みたいなことを公式の矢部君が叫んでいたので、それに習ってセ・パのオールスターチームを作成し、観戦してみることに。
両軍ともクリーンナップが軒並みホムーラン(;´Д`)
ああ、福盛タソご臨終(;´Д`)
パも打者一巡の猛攻(;´Д`)
誰か止めて…


実際の野球との乖離がここまで激しいと絶句してしまう。
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-24 23:12 | 日々の遑に

ネオリベラリズムの系譜(続)

■ネオリベラリズムの誕生
福祉国家の全盛期は1950~60年代に掛けてであったが、それに先駆け福祉国家の構造を批判していたのがハイエクであった。
彼は手厚い国家の社会保障政策がモラルハザードを生み、国家のセーフティネットに甘んじ低所得に留まる層が増え、新しい格差と社会的停滞を引き起こすとした。

1970年代、石油危機や国際経済体制の激変により先進諸国の政策は再考を余儀なくされた。
慢性的経済停滞(スタグフレーション)や少子高齢化等の問題に対処できなくなったのである。
この時分に今まで無視されてきたハイエクの福祉国家批判が脚光を浴びる。
福祉政策を切り捨て、自由と自律を重視した社会システム(市場・個人の選択)への移行を、特に80年代イギリスのサッチャーやアメリカのレーガンが明確なる政策として打ち出した。
ネオリベラリズムの誕生である。


■ネオリベラリズムの構造
現状に見合わない福祉政策を切り捨て、より自由なシステム(市場)にその権限を委譲するのがネオリベラリズム思想の基本である。
国有企業は民間企業に、社会保険は民間保険に、市場の合理性を信頼し、個人の選択の幅を広げることで、より自由に、またより自己責任色の強い社会が形作られる。
いや、サッチャーの言うように、もう社会はないのかもしれない。
我々は国家の中で一合理的経済人に過ぎない。
殆どのことを自らの意思で選択できる代わりに、そこには全て自己責任が付きまとう。
そこでは国家は必要最低限しかサポートしてくれない。

小泉さんの政策もそのような考え方に則っている。
日本社会に遍在する規制や障害・慣習を取っ払って、社会集団を解体させた。
それは何よりも市場主義的(効率重視)な政策である。


■まとめ
我々は世の中に「安全と自由」を求めてきた。
時には安全を強く欲したり、自由を勝ち取るために暴力に訴えることもあった。
世の中や国家と言うものは、そうした我々の願望に応じて形を変えていた。
しかし、今はあまりにも自由に傾きすぎている気がしなくも無い。
自己責任論が闊歩し勝ち組と負け組に社会が分断されているのである。
こうした構造は今までの日本社会には無かった。
社会的身分や貧富の差は少なからずあったが、様々なステイタスの人々が互いに連帯しあいひとつのコミュニティを形成しているケースが多かった。
しかし今ではそうした個人の帰属場所や意識そのものが薄くなってきているのではないか。
個人は何を拠り所にして生きていけばいいのか?
失敗してしまったらどうなってしまうのか?
そうした漠然とした不安は、あらゆる年代の人々に共通していると思われる。
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-24 00:14 | 日々の遑に

ネオリベラリズムの系譜

■近代社会思想
社会契約論は「個人」と国家の関係を再定義した。
即ち、「個人」は平等で、かつ安全に生存する権利を持ち、それを国家は「個人」の自由と引き換えに強権を以って守るというものである。
しかし、そうした個人の権利を尊重するということは、常に革命の危険性を示唆sるものであった。
国家の強権発動がむしろ個人の自然権を脅かす帰結となり、市民革命がその暴君を打倒した。
都市の商工業者や中産階級が自らの権利と財産を守るために蜂起したのである。
18Cイギリスに典型的に見られるようなリベラリズムの思想はこうして具現化した。
しかし、リベラリズムはその寛容さ故に、不平等や不道徳・不衛生等、様々な問題を生んだ。
産業革命期イギリスの劣悪な労働・居住環境、階級格差、性に関する大らかさ等が良い例である。
これらを「社会問題」として捉え、解決を希求されたのが福祉国家(社会国家)である。


■福祉国家の統治の術
福祉国家は様々な階級・集団の利害を調整し、社会を外から保持し改善しようと試みる統治形態である。
社会契約による国家が一個人との関係に集約されるのとは対照的に、福祉国家はこうした様々な集団からなる「社会」とそこで生まれる「社会問題」に向き合う。
フランス第三共和制、ドイツのビスマルクのアメとムチの政策、戦間期のヴァイマル共和国等がその典型である。

ここで注意しなければならないのは、そのような社会問題に類するような現象は福祉国家誕生以前にもあったということである。
そうした謂わば普遍的な命題を「社会問題」として再定義し、改善していかなければならなかった必然性は、やはり社会契約における「個人」の権利の尊重に求められる。
国家の構成員である人民が「個人」として再定義されたことにより、以降の国家はその「個人」のステイタスをより良く見渡せるようになった。
統計学の発展により、「個人」の出身や社会的地位、所属などがつぶさに見て取れるようになり、そうした技術を統治に生かすことが、福祉国家に求められたのである。
そうした時に初めて「個人」の属する集団の問題が「社会問題」として再定義される。

福祉国家は蓄積された技術(科学主義や官僚制)と様々な集団の要求を駆使して、「社会問題」に対処してゆく。
それは過度なまでの「個人」への国家権力の介入でありながらも、社会全体の不均衡を外から調整し、「国民」として均質化することを目指すことで、巧みに革命や反抗をかわしていったのである。
(しかし、それでも社会主義や全体主義に晒されるケースもあった)


■ネオリベラリズムの誕生
2度の危機(世界大戦)に瀕したものの、国民主義・民族自決等の理念で国民を均質化し、福祉国家は1950~60年代に掛けてその成熟期を迎えた。
誰もが福祉国家を当たり前のように受け入れ、その恩恵を享受していたのである。
その典型例が日本・西ドイツであることは言うまでもない。
しかし、これに先駆けある経済学者が福祉国家批判を繰り出していた。
その名h


疲れた、寝よ(;´Д`)
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-22 22:23 | 日々の遑に

夢の球宴

■今日はオールスター
( ゚∀゚)「159!159㌔デター!!」
( ・∀・)「クルーンはバッターではなくスピードガンと勝負してますよ」

なんじゃ、そりゃw

藤川が魂の全力投球でカブレラ、小笠原を全球ストレートで連続三振に仕留める姿を見て、この男もやはり燃えていたのか。
オールスター最速を初球で更新し、そのまま159㌔を連発する最速男クルーン。
里崎も初球をヒットするのはさすがだが…(ゲームみたいなバッティングするなwコイツ)

MVPは青木。ベテラン吉井からHRを打ちました。
エラーしたのも何気にポイントアップ?
故郷と本拠地で行われる今回のオールスターに、おそらく人一倍気合の入っていたことでしょう。

そして一番張り切っていたのは今回で最後の出場となる新庄。
小型電光掲示板の様なキンピカのベルトを着用していました。
打席を少し離れ、おもむろにベルトに手をやる。
そこに書かれた文字は、


■語録
NEVER MIND WHATEVER I DO FAN IS MY TREASURE
“ほっとけ俺の人生だ。ファンは俺の宝物”          新庄 剛志(1972~)



さあ、ハウルでも見るか( ゚Д゚)
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-21 21:16 | 日々の遑に

試験勉強せにゃあかんでしょ…

■勉強できない
パワプロが楽しくて勉強できない。
この期に及んでPS2の調子も良いし。(2,3回で点く)
封印するしかねえか…。

2ちゃんの応援歌スレでうざい>1が居たから叩いてたら、仕切るなクソコテとか言われるし。
スレの現状も顧みずに新スレ立てんなハゲが!半年ROMってろ。

殺伐としてきたので癒しの画像を…↓

More
[PR]
by shinkey2 | 2006-07-20 21:30 | 日々の遑に

ブログパーツ

ファン

最新のトラックバック

出張ホスト募集
from クラブルースキャッスル
Casino 12870..
from Casino 1287051..
女ってすげえよ…
from 逆円
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧