↑ここには新Keyが最近注目しているおんなのこが気まぐれでFocusされます


by shinkey2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィールAnd the rest…

●リンク
明日のへいぽー日記
nakka +plus
真田退廃記
Key Official Homepage

↑だーまえ復活(∵)

↑食い逃げ!ヾ(゚∀゚ )ノ
↑777カウントm9(・∀・)
↑パワプロ通信へのリンク

●プロフィール
東京生まれ東京育ち。
中高一貫の私立男子校を卒業後、都内のとある自由な大学の経済学科に進学。
現在社会人一年目。
大学一年の秋にKanonと出会ったことが俺の人生を大きく変えた。
サッカーより野球好き。
ジャイアンツ愛!

●耳コピ・自作midi
ヘタレですがどうぞ。
【耳コピ】
あなたの横顔(To Heart)
夏影(AIR)
朝影(Kanon)
夏の終わりに…(水夏)
夕影(ONE2)
Gentle Jena(planetarian)
瑠璃子(雫)
時を刻む唄(CLANNAD・AS)
early childfood(ef-a fairy tale of the two)

【オリジナル】

●最近の検索ワード
ナチュラルハイ
咽喉頭異物感症
浜口雄幸
PDCA
イナバウアー
こっちみんな
ビビンバ
GABA
バイアス
ニートの日
姉は一級建築士
粉雪



検索

カテゴリ

全体
日々の遑に
大学生活
観鈴ちんといっしょ
就職活動
インターン
社会人生活
未分類

タグ

(8)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

お気に入りブログ

真田退廃記

以前の記事

2014年 08月
2012年 08月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

あるもの書きの半生

■麻枝引退宣言
まずはこれをご覧下さい↓(コンプティーク最新号より、㍑の記事)
http://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_8687.jpg

漏れの踏んでいた通り、新年早々ゲーム画像を公開してきたKeyだったが、何よりもショックだったのは、これまでTactics時代からシナリオを手がけてきた麻枝氏の引退宣言。
確かに以前から引退をほのめかす発言はしてきたが、みんなネタだと思っていた。
そう、彼がよくやる娘ネタと同じようなものだと腹を括っていたのだ。(ちなみに、それはリカちゃん人形。しかし麻枝は結婚すらしていない)

麻枝氏については漏れも色々思うところあるので、葉鍵板関連スレでもカキコしてきたが、ここでも少し語りたいと思う。
長くなるがお付き合い願えたら幸いである。
麻枝氏の詳細については麻枝のwikiページ(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E6%9E%9D%E5%87%86)参照のこと。


今回の引退宣言が真だとするならば、彼のこれまでのもの書きとしての半生が透けて見えてくる。
順を追って説明しよう。
彼は、まだエロゲのシナリオが作品の評価において大きなウェイトを占めることの無かった時代(90年代半ば)に、シナリオライターとして登場した。
当初、彼は作曲志望であったが、日本ファルコム等で落ちて、紆余曲折を経てTactics常勤シナリオライターとなったのである。
なので、彼に文章執筆の技量がどれほどあったかは疑問である。ただ、当時は上で述べたようにシナリオは重視されなかったため、このような採用はザラであったと思われる。
彼は神経的に腹痛を起こす体質であり(なので電車に乗れない、信号待ちですら追い詰められた気になり、腹痛を催すことがあったという)、そのためサラリーマンではなく今のモノづくりの仕事に就けたことを有り難く思っていた。

だから、彼はがむしゃらに働いた。
今の居場所を失わないように、自分の伝えたいことを、自分の出来ることを、妥協せずにやってきた。
(それまでのライターが片手間に仕事していたとは言わないが…)
その結果、この業界でシナリオが評価されるムーブメントを生み出した。
所謂「泣きゲー」の誕生である。

Keyに移っても、久弥とともにKanonを手がけ、久弥無き後も涼元とともにAIRを完成させたが、そこで終わってしまった。
AIRは「泣きゲー」の完成形であり、それ以上同じ方向性で昇華させていくことは不可能だったのである。(これは雑誌のインタビューで麻枝・涼元ともに認めている)
次作CLANNADにおいて、今まで支えてきてくれた鍵っ子達に報いる集大成となる作品をつくり、麻枝はシナリオ業から距離を置き始めた。
事実、この頃から麻枝は以前からの願望であった作曲や作詞を多く手がけるようになる。

だが、Keyには麻枝以外の有力なシナリオライターが残らなかった。
麻枝は仕事への情熱と、神経症の悪化により、薬に依存し、ろくに家に帰らず私生活を失った。
このような麻枝のある意味「異常さ」に誰もついていくことができなかったのである。
そのような中、自身も更なる鍵っ子の期待に応えうるシナリオ作りに限界を感じていた。

ともに道を拓いた久弥を失い、ともに道を拡げようとした涼元をも失い、社の都合上「Keyの新作」として出さなければならなくなった、麻枝のオナニーこと智代アフターは、多くの鍵っ子達の期待を裏切った。
mixiは晒され、今まで神格化されていた彼の負の部分が儲達に知れ渡った。
そのような中、麻枝は今回の㍑において一線を退く決意をしたようだ。
麻枝二世とも言える都乃河と、謎めく城桐と、久弥っぽい樫田レオ(逆から読むと「俺だ鹿」。久弥は2ちゃんでは鹿扱い)とを、三本の矢に見立て、彼らを自分の名の元に㍑で準備運動させ、次の企画から彼らに任せるようである。

(これは漏れの妄想だが、城桐ってのは涼元の立ち位置だと思う。これで往年の三者が揃う。多分、涼元のときと同様、城桐も㍑の重要な部分(今回メインヒロインが麻枝じゃないので、そこが非常にクサイ)を執筆しており、発売後次の企画までに色々カミングアウトしてこよう。この予想、当たってたら漏れのこと誉めて)

話を元に戻そう。

今回の引退宣言が出てから、麻枝に関しては賛否両論ある。
もともと「引き出し」も少なかったし、文章技量も優れているとは言えない。(上の採用時の時代背景から)
だからと言って、漏れ達は麻枝を笑うことが出来るのだろうか?
ウンコ臭いからといって水洗レバーを引くことが出来るのだろうか?
誰もシナリオに見向きもしなかった時代を変えたのは彼の情熱である。
東鳩・Kanon以降、シナリオで勝負しようと多くのライターが一線に登場した。

麻枝は古いタイプのライターである。
エロゲに感動を持ち込み、新しいムーブメントを引き起こしたが、そこから先が無かった。
これ以降の展開は彼に影響を受けて同業界にやってきた新しいタイプのライターに任せるのが良かろう。
「麻枝、お疲れ様。そして今までありがとう」と心から言える作品に、㍑が仕上がることを切に願う。
そしてまた気が向いたら復活してくださいw寂しいので。


コンプの記事見てからこれ書ききるまでに2時間掛かった……_| ̄|○
[PR]
by shinkey2 | 2007-01-10 23:40 | 未分類

ブログパーツ

ファン

最新のトラックバック

出張ホスト募集
from クラブルースキャッスル
Casino 12870..
from Casino 1287051..
女ってすげえよ…
from 逆円
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧