↑ここには新Keyが最近注目しているおんなのこが気まぐれでFocusされます


by shinkey2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィールAnd the rest…

●リンク
明日のへいぽー日記
nakka +plus
真田退廃記
Key Official Homepage

↑だーまえ復活(∵)

↑食い逃げ!ヾ(゚∀゚ )ノ
↑777カウントm9(・∀・)
↑パワプロ通信へのリンク

●プロフィール
東京生まれ東京育ち。
中高一貫の私立男子校を卒業後、都内のとある自由な大学の経済学科に進学。
現在社会人一年目。
大学一年の秋にKanonと出会ったことが俺の人生を大きく変えた。
サッカーより野球好き。
ジャイアンツ愛!

●耳コピ・自作midi
ヘタレですがどうぞ。
【耳コピ】
あなたの横顔(To Heart)
夏影(AIR)
朝影(Kanon)
夏の終わりに…(水夏)
夕影(ONE2)
Gentle Jena(planetarian)
瑠璃子(雫)
時を刻む唄(CLANNAD・AS)
early childfood(ef-a fairy tale of the two)

【オリジナル】

●最近の検索ワード
ナチュラルハイ
咽喉頭異物感症
浜口雄幸
PDCA
イナバウアー
こっちみんな
ビビンバ
GABA
バイアス
ニートの日
姉は一級建築士
粉雪



検索

カテゴリ

全体
日々の遑に
大学生活
観鈴ちんといっしょ
就職活動
インターン
社会人生活
未分類

タグ

(8)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)

お気に入りブログ

真田退廃記

以前の記事

2014年 08月
2012年 08月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

舞い上がれ空高く、つばさなど無くても

新Keyです。
昨日、ef全クリしました。
今日はその感想をちょこっと。
なお、完全にネタバレです。








■インタラクティブ・ノベルの完成形
minoriが手がけてきたwind、はるのあしおと、そしてefという作品群を総じてインタラクティブ・ノベルというジャンルで彼らは呼んでいます。
これは従来の立ち絵とテキスト枠に縛られたノベルゲームよりも、さらに映画に近くなったというか…、字幕つきの映画を目指したノベルゲームと言えるものです。
そしてそのスタイルを貫き通してこれだけの大作を作ってしまったことを、素直に驚き、評価したいと思います。
分割も無理はないと思う。(しかしそれにしても長かった…)

そういう意味で今作は同ジャンルの完成形と言っても差し支えないものであり、業界における功績も大きいものと思います。
しかし、実際その内容はどうであったでしょうか?

first taleでは魅力的なヒロインを配置しながら、一貫したテーマのもと群像劇を演じ切り、キャラ萌え層・ライトユーザー層をこれほどかというほど突き放しました。
そのため、first tale終了時点ではシナリオに対する酷評が甚だしく、なおかつ舞台背景や設定・伏線等がほぼ謎なまま終結したため、予想や仮定を抜きにした冷静な考察ができませんでした。
一部、minoriや御影監督の手法に詳しいコアな層は訳知り顔でニヤニヤしていたようですが…。

その後、アニメ放映が始まって、色んな意味で大成功して、first tale後の微妙な空気をみんなが忘れた頃にやってきたのがlatter taleです。
その映画的な演出水準はfirst taleのそれを維持しつつ、テキストはだいぶ丁寧で繊細な筆致を見せていました。
例えば、千尋と蓮治の微妙な距離感、未来に希望は無い様に思われてもその距離感を埋めたいともがく蓮治の葛藤、久瀬の挫折と生への諦観、それを見抜き卓越した行動力で久瀬を彼岸から連れ戻すミズキ、夕と優子達の青春…などなど、見どころはたくさんありました。

ただ、その後の展開は、あれ?と思うようなものばかりでした。
明良の暴行は別にレイプ描写までする必要無かったのでは?
黒すぎる優子、そして刃傷沙汰、車に轢かれ優子死亡、オーストラリアに音羽作っちゃったぜ!的な夕、どう見ても幽霊な優子、身ごもった子が私なのかも?意味わかりません。
途中からギャグになっちゃったのかな、と思うくらい物語を終わらせるために急速に展開していく色々な物事。
しかもそのほとんどが織り込み済みで、新鮮な驚きがありませんでした。
オーストラリアだけは唯一想定外でしたが、あんなの土壇場まで設定隠してただけでしょ?
終盤、夏のクリスマス~とか言い出し始めて、妙に同じワードにこだわるなあとは思ってたけど、あんなタイミングでおっ始めても伏線とは言えない気が…。

散々言いましたが、クライマックスへの持ってき方以外はほぼ満足できる内容だったのではないでしょうか。
(特に学園時代の夕・優子・凪・久瀬の描写が好きです。すごいいい青春してますよ、彼ら)
minoriの代表作と胸を張って言っていい作品だと思います。

今後にも期待ですね。
[PR]
by shinkey2 | 2009-06-14 22:36 | 日々の遑に

ブログパーツ

ファン

最新のトラックバック

出張ホスト募集
from クラブルースキャッスル
Casino 12870..
from Casino 1287051..
女ってすげえよ…
from 逆円
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧